【UT】ユニクロのTシャツが変わったらしい【丸胴】

【UT】ユニクロのTシャツが変わったらしい【丸胴】

140722_01

ユニクロのTシャツ(UT)のデザインを2014年の春夏から、「元A BATHING APE」の「NIGO氏」が手がけるようになったらしいです。我が家ではそのTシャツが欲しくて、先日ユニクロにお買い物に行ってきました。
「NIGO氏」が好きなわけではないのですが、彼が手がけた今年のものから縫製の仕方が変わったらしいのです。

140722_02

丸胴Tシャツってご存知でしょうか。筒状の布から作るTシャツで、脇の下に縫い目が無いデザインです。(昔ながらの作り方らしいです。)
ちなみに、前後2枚の布から作る良く見る形は「横割り」というらしいです。「NIGO氏」が手がけた2014年春夏以降のUTも丸胴になっているようなのです。さらに糸も太くして質感も上がっているようです。
私の妻は横向きに寝るのですが、パジャマに使っていたTシャツにとても着心地が良いのがあることに気付き、観察したところ丸胴であることに気付きました。
(横向きに寝ると縫い目が気になるそうです。私は仰向けなので気付きませんでした)
丸胴Tシャツを探すと服飾ブランドのもの(丸胴にこだわっているメーカーも多いようです)で値段が高いか、無地や肌着などで使いづらいものが多く以前から探していたところ、今回ユニクロで手に入るということでバーゲンに行った訳なのです。

ユニクロではバーゲン品を中心に探したのですが意外と丸胴のものは少なく、かなり物色しました。去年のものも混ざっているのかもしれませんね。
あと、丸胴は筒から作る(ずん胴型)ためウエストを絞ったデザインなどができないので、レディースには採用されていないかもしれません。
シルエットの汎用性は低いですが、Tシャツが張り付くようにならなかったり脇にプリントできたりと、丸胴ならではの利点もあります。(体形が出ない服が好きな方にもいいかも)
妻もメンズのXLを買ってオーバーサイズでゆったり着ていますが、部屋着として気に入ったようです。プリントだけでなく、一度Tシャツの作り方を気にしてみるのも面白いと思いますよ。

No tags for this post.