レザークラフトでデジカメケースに再チャレンジ

レザークラフトでデジカメケースに再チャレンジ

130929_01

前回デジカメ用のレザーケースに初挑戦し、自分なりの作り方がなんとなく分かりました。
気になるところはあるのですが、作り直すのはもっと先でと思っていました。
しかし気になると直さずにおれない性分なので、デジカメケースに再チャレンジしてみました。

130929_02

130929_03

で、作り直したのがこちらです。(制作過程がなくてすみません)
前回は1.5mm厚のハギレを2枚合わせにして側面と底面を縫い合わせたのですが、今回は2.5mm厚のヌメ革を1枚で使用しました。
底面は側面と縫い合わせた後、もう1枚内側から重ねて補強と縫い目隠しをしています。なので底面は5mm厚になっています。
カシメの金具隠しと傷防止用に内側にフェルトを貼りました。フェルトの厚みは計算していなかったので、ちょっとキツくなってしまいました。

130929_04

カメラを入れるとこんな感じです。
ヌメ革を使ったこともあり、前回よりも良くなったと思います。

130929_05

130929_06

130929_07

しかし、まだ気になる箇所がありますね。
こうやって何度も作ってコツがつかめるんでしょうね。
機会があれば、ライカM9チタンのホルスター型ケースみたいなものも作ってみたいです。

目次

オマケ

130929_08

以前作ったイヤホン巻取りホルダーも作り直しました。
旧タイプは使っていると巻きグセが付いてしまうのと、ちょっとかさばるのでギボシで留める形にしました。
コンパクトで使い勝手もさらによくなりました。捨てるようなサイズのハギレで出来るのもいいですね。

130929_09

No tags for this post.