【スーパードルフィー】ドールを連れ歩く、キャリーバッグをカスタム【キャリングケース】

【スーパードルフィー】ドールを連れ歩く、キャリーバッグをカスタム【キャリングケース】

娘(リアル)がスーパードルフィーというドールをとても大切にしています。お小遣いやお年玉、誕生日やクリスマスプレゼントもすべてお金で受け取り、何年も貯金をして手に入れた宝物です。(フルチョイスというやつです。)
実家に帰省する予定があり、その時に連れて行きたいということでキャリングケースを探したのですが、ボークス純正のものは結構お高く、さらに現在在庫が無い様で選択肢からはずれました。多くの方が三脚ケースなどを利用されている様なのでそれも提案しましたが、「専用ではないソフトケースは不安」とのことで別のものを検討することにいたしました。

「そういえばあのカバンに入らないかな?」と思い、以前購入して普段普通に使用していた「MOIERG(モアエルグ)」というキャリーが付いたリュックに試しに入れてみたところ、L字に足を曲げて座らせた状態でピッタリ収まりそうです。しかしカメラバッグなどではないのでクッション材などはあまり入っていません。そこでドールを入れる保護スペースを作ってみることにいたしました。

いろいろ寸法を測って無印良品で、「ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードワイド」という商品を2つ買ってきました。

それをこんな感じにカットして、

プラ段で補強しながら、両面テープとカッティングシートでL字型に組み立てました。無印のケースは1つ590円、プラ段はホームセンターで買ってきましたが100均にもありますので、このパーツの材料費は1500円くらいですね。

Advertisement

うん、測った様に(測ったのですが)ピッタリです。娘のドールはSD13というやつらしいので、それ以下のサイズでしたら収まるかと思います。運搬時は「おくるみ」という布で包むのでむき出しではありません。下部に隙間があるのは、キャリー部分のパーツが内部に飛び出しているので、その上に乗せる形になっています。ドールスペースはハードカバーに守られていますので、空いたスペースにも気兼ねなく荷物が積められます。
ドールの足元も空いているので、お着替えやウィッグなどが入れられそうです。ただバッグの持ち手が横にもついている(写真上側)ので、それを使うのであればL字は逆の方が良かったです。(娘は横向きにはしないとのことです。)

カバー側のスリット(本来はラップトップなどを入れられるスペース)にもプラ段をカットして差し込みました。これでさらに防御力がアップしたかと思います。

たまたま愛用していたリュックにうまく収めることができ、少ない出費でキャリングケースを作ることが出来ました。娘(リアル)もこれなら安心と喜んでくれ良かったです。
バッグから揃えますと高い金額になりますが、このリュックがドール専用でなくても結構スグレモノなので1つあればいろいろ使いまわしが出来ると思います。バッグ自体が2kgと非常に軽く、リュックにもキャリーにもなり、機内持ち込みサイズなので結構おすすめですよ。(ドールオーナーさんの参考になれば嬉しいです。)